展示場の話ばっかりで全然セキスイハイムの話がでてこない!!

「お前のブログは展示場ブログか!!」(-_-メ)

と言われそうなぐらいセキスイハイムの話がでてこないですね。

このブログを見に来てれくれた人はセキスイハイムに興味がある人だと思うのですが、見栄っ張り家の家づくりを最初から順番に書いていくとこうなっちゃうんですよね(ぶっちゃけセキスイハイム行ったのかなり最後のほうだし・・・)

少しでも早くセキスイハイムの話にたどりつくようにがんばります。

スポンサーリンク



東宝ホームとの出会い

住友林業・パナホームと見て回り
【超】感じのいい営業マンが一転・・・裏の顔

嫁「展示場って楽しいね」

子「うん、風船もらえたし楽しかった」

嫁・子「またいこうね」

こんな様子だった為、翌週も展示場へ・・・

3店舗目は「東宝ホーム」

1967年設立
福岡県北九州市に本社を構え・北九州支店・福岡支店・飯塚営業所・熊本営業所・広島営業所
木造軸組J-WOOD工法

壇密さんがCMをしていることぐらいしか分からないが、なかなかおしゃれな雰囲気だ。

展示場に入ると・・・

タッタッタッ

営業マン「はじめまして」

と頼りなさそうな頭の薄いおじさんがあいさつに来た。

(温水さんみたいだな。おれも将来こんな風になるのかなぁ)と感慨にふけながら挨拶を交わす。

夫「見させてもらってもいいですか」

温水「どうぞどうぞ」

夫「おしゃれなキッチンですね」

温水「ありがとうございます」

夫・温水「・・・」

テクテクテク・・・

夫・温水「・・・」

夫(え!?しゃべらないの??説明は??)

超がつくほどの人見知りの夫、気まずい空気が流れます。

こんな時に限って嫁は次女のオムツ換えにいってるし・・・

夫「東宝ホームの特徴はなんですか?」

温水「壇密さんがキャラクターなんですよ」ニコッ

夫(え!?そういうことじゃなくて・・・)

嫁「わぁ、おしゃれだね」

やっと帰ってきた嫁、そこから温水は嫁についてまわり

嫁の質問是めに応えていました。

初めての見積依頼

一通り見て回った後、打ち合わせ室へ

嫁「いやぁ素敵なつくりでしたね」

夫(確かにおしゃれだった)

温水「ありがとうございます」

嫁「あぁだ、こぉだ」と嫁主導で話がどんどん進んでいく

夫(うちの嫁はなんでこんなに良くしゃべるんだ?人見知りって概念が無いのかなぁ)
なんて考えながら話を聞いていました。

温水「もしよろしければ参考までに見積をつくってみましょうか?」

嫁「見積!??」

さっきまであんなに良くしゃべっていたのに予想外の事にオロオロし始めた嫁

夫(相場も分からないし、参考になるだろうからつくってもらおうかな)

夫「よろしくお願いします」

温水「広さはどれぐらいで・・あれは・・・これは・・・」

夫「広さはこれぐらいで、こんな感じでお願いします」

温水「そしたらこれで作ってきますね。参考迄に御希望の地域の土地も当日迄に探しておきます」

そんなこんなで翌週末に見積をもらう事になりました。

さぁ!!どんな感じだ見積

前回の展示場では無く、海沿いの展示場を訪れ温水と再会を果たす。

温水「いらっしゃいませ、今日はありがとうございます」

夫・嫁・子「こんにちは」

温水「さっそくですが、外観がこんな感じで、間取りがこんな感じになっています」

1FにLDKと水回り、そして和室

2Fに3部屋となっています。

延床面積36.62坪・施工面積43.31坪となっています。

2Fの部屋は狭いけどLDKは23.4帖と広いしリビング吹き抜けもある

夫「おぉ、なかなか広いし、おしゃれな感じだ!!やるじゃないか温水」

温水「ありがとうございます。では気になるお値段ですが・・・

夫(さぁ、いくらぐらいでくるかな??知り合いは2,000万円~3,000万円ぐらいで建てているからここは土地も安いし、2,500万ぐらいかな)

温水「こちらになります」

¥31,726,763-

 

温水「土地代は別です」

 

温水「いかがでしょうか!?」

夫「帰って検討します」

~帰りの車中~

嫁「家ってあんなにするんだね」

夫「そうやね、知り合いは2~3,000万くらいで建ててるんだけどね」

嫁「東宝ホームが極端に高いのかな?」

夫「そうかもね、色々調べてみようね」

こんな感じで初めての見積もりが終わりました。

まだこの頃は相場観が無く「ぼったくられているのかな?」なんて考えたりしていましたが、色々なハウスメーカーから見積を貰ううちに、そうでもなかったと分かっていきますが、この頃はあまりの家の高さにテンションがガタ落ちな見栄っ張り夫婦でした・・・

最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク