スポンサーリンク



ついにセキスイハイムが登場

ついに・・・

ついに・・・

ついに「セキスイハイム」が出てきましたよ!!

セキスイハイムのブログなのにずっと出てこなくて本当にごめんなさい。

これからはガンガン「セキスイハイム」の情報を出していきますので、期待しててください。

セキスイハイムって入ったけ?

展示場巡りをしていると、どこに入ったか分からなくなってきます。

見栄っ張り夫婦みたいに、数か所の総合展示場をまわっていると特に分からなくなってききます。

嫁「今日はどこのHMにいこうか?」

夫「どこでもいいよ」

子「ヘーベルハウスがいい」←ヘ~ベルハウスを見にいこうへ、へ、へというCMがお気に入りだっただけ

嫁「そういえば、セキスイハイムって入ったけ?」

夫「○○展示場の方ではいらなかったけ?」

嫁「そしたら△△店では入ってないやろうけん入ろうか」

このころの見栄っ張り夫婦は 「セキスイハイム」と「積水ハウス」の違いを分かっていなくて勘違いしていました。実際はセキスイハイムに入った事が無く、積水ハウスに入った事があったのです。

担当営業との出会い

受付「こんにちは、当社は初めてですか?」

嫁「いえ、○○浜店にいったことがあります」

受付「お調べいたしますので、お名前をお聞きしてもよろしいですか?」

嫁「見栄っ張りです」

受付「すぐお調べいたします」

~5分後~

受付「見栄っ張り様、大変申し訳ありませんが登録が無かったため、もう一度アンケートにお答えいただいてもよろしいですか?」

嫁「わかりました」

アンケート 「カキカキ」

嫁「なんで登録が無かったんやろうね」

夫「よその店舗やけん自分の所で売上を上げようと思って、無いっていってるだけかもよ」
(実際はセキスイハイムと積水ハウスを勘違いしていただけですけどね)

テッテッテ・・・

営業「こんにちは」

そこには今風の20代半ばの青年が立っていました。

担当させていただく「セキ男です」ニカッ

夫・嫁「よろしくお願いします」

セキ男「では、さっそく展示場を見ていきましょうか?」

セキ男「当社はここがこうで~、外壁がどうで~、あそこがこうで~」

と、かなり一生懸命。

夫(ふ~む、まだ若いから少し心配な部分はあるけど、この一生懸命さは他のHMとは一味違うな)

一通り見て回った後、打ち合わせ室へ・・・

セキ男「どうでしたか?」

嫁「いやぁ、わかり易くてとてもよかったです」

セキ男「そう言ってもらえると大変恐縮です。現在、家づくりはどこら辺まで進んでいますか?」

嫁「まだ展示場を見て回っている段階でまだ土地もHMも決まっていないですね」

セキ男「それなら是非、当社でも検討してください。土地探しから金額の件まですべてお手伝いさせていただきます。もしよろしければ一度お見積りをつくらせていただきたいのですが」

嫁「それならお願いします」

セキ男「3日程で見積が出来ますので、来週の〇〇日はいかがでしょうか?」

夫(ふむ、きちんと次の予定までもっていこうとしている)←どうしても営業目線で見てしまいます

嫁「それならそれでお願いします」

こんな形で見栄っ張り夫婦の担当営業マン「セキ男」との出会いからセキスイハイムでの家づくりがスタートしました。

この後、度重なる困難を乗り越えてセキスイハイムと契約(セキスイハイムを選んだ理由)することになるのですが、それはまた次回のお話となります。

最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク