今日はセキスイハイムの最大の特徴でもある外壁の話しになります。

セキスイハイムの外壁は「磁器タイル外壁」というものになります。

この外壁の特徴は・・・

「外壁の塗り替えがずっと不要だということです」

普通の家はサイディング外壁というものを使っています。

このサイディング外壁の場合、10年毎に150万円程の外壁塗り替え費用がかかるのです。

20年住めば300万、30年住めば450万とかかる所、セキスイハイムの磁器タイル外壁なら

外壁の塗り替えがずっと不要な為、この費用が掛からないのです。

スポンサーリンク



磁器タイルの特徴

一般的な外壁材
表面に汚れが付着し、その汚れが雨水などと一緒に流れ落ちます。その為、雨筋汚れがのこります。

磁器タイル外壁
タイル外壁表面にはシリカがあり、空気中の水分を吸着して表面に膜をつくります。その膜に汚れが付き雨水とともに流されていくため、外壁が汚れにくくなっています。

また磁器タイルの目地も耐久性の高い下地に接着力が優れている有機質接着剤で留められています。

目地がひび割れ、はがれの原因になる心配も無く、対候性の面でも優れています。

まぁ、色々書きましたが磁器タイル外壁ってのはとても優れた商品だってことですね。

タイル外壁バリエーション

Sラティススタイル
正方形タイルになります。
色は6種類
どの商品でも選べるタイルになります。

ラスティックタイル(ストレートジョイント)
長方形タイルの目地がストレートに並んでいるタイプになります。
現在は3色(ちょっと前まではスカイブルーとグラスグリーンもありました)
パルフェ・デシオ・スマートパワーステーション・bj対応です。

ラスティックタイル(ブレイクジョイント)
長方形タイルの目地が段々になっているタイプです。
見栄っ張り家は現在これを採用しています(今は・・・)
坪当たり3~3.5万
パルフェ・デシオ・ドマーニ・スマートパワーステーション対応です。

レジデンススタイル-N
立体感のあるタイルになります。
めちゃくちゃカッコいいです。
坪当たり5.5~7万
パルフェ・デシオ・ドマーニ・スマートパワーステーション対応です。
実は見栄っ張り家もこのレジデンスステイル-Nのボルドーブラックにしたいのですが、
お金が厳しい・・・けどかっこいい・・・お金が・・←ずっとこのサイクルで迷ってます

レジデンスステイル-G
レジデンスステイル-Nと同じく立体感のある正方形タイプのタイルになります。
坪当たり5.5~7万
パルフェ・デシオ・ドマーニ・スマートパワーステーション対応です。

レジデンスステイル-Nカッコよすぎる件

見栄っ張り家は現段階でラスティックタイル(ブレイクジョイント)を採用しており、色はブラックかブラウンかなぁなんて考えていたのですが・・・

見栄っ張り家の中で、レジデンススタイル-N・ボルドーブラックがカッコよすぎる問題が起きています。

すでにラスティックタイルで+120万必要になっています。

レジデンススタイル-Nを選ぶと、さらに+100万近く必要になり、外壁だけで総額200万強必要となります。

見栄っ張り家の精神状態

「お金の事考えたらラスティックタイルになるのかな」

「けど、ボルドーブラックかっこいいよね」

「けど、お金が・・・」

「けど、外壁って帰ってきたときに毎日見るものだし、やっぱり気に入ったやつのほうが・・」

「けど、外壁だけで200万はね・・・」

「月々で考えたら6000円増えるぐらいやね」

ず~~っと、こんな感じで堂々巡りをしています。

正直、かなりぎりぎりの資金計画なので、これ以上増やすとかなり厳しい状況になるんだけど・・・

う~ん、迷います・・・

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク