差出人: ポカリスエット
題名: 家を買うか迷っています
メッセージ本文:
「見栄っ張り家の家づくり」いつも楽しく拝見させて頂いています。
以前見栄っ張りさんは「家に買い時は無い!欲しいときに買うのが正解」みたいな記事を書かれていたと思うのですが、本当に買い時ってないのでしょうか?
最近マイホームが気になり色々と調べているのですが、どこのハウスメーカーにいっても今がお買い得ですよ、来年になったら消費税があがりますよと言われます。
確かに消費税が上がればその分出費が増えるのは分かり今がお買い得なのかな?と思うのですが、見栄っ張りさんの見解を詳しく教えてもらえればと思います。

ポカリスエットさんお問い合わせありがとうございます。

家はいつ買うのがお得か ←たぶんこの記事のことですね!!

夫の文章力が無く誤解させてしまったみたいですが

家に買い時は無い→家に買い時はあります

過去を見てみれば「あ~あの時期ってお買い得だったんだね」ということはありますが、未来の事は誰にも分からないので今がお買い時かどうかは分からないという意味の文章を書きたかったのですが上手く伝えれませんでした。(すみませんペコッ)

今でも「家は欲しいときに買うのが正解」という考えは変わらないのですが

ここからはあくまでも夫の予想を元にいつ買うのがお得か考えていきたいと思います。

スポンサーリンク



建設業界は好景気

現在、建設業界は好景気に沸いています。

2020年東京オリンピック、東日本大震災復興工事、熊本地震復興工事と大型現場が多く、それに伴い資材不足、人員不足が顕著に表れてきています。

資材不足→資材単価が上がる

人員不足→人の取り合いになり、単価が上がる

つまり家を建てる上での大半を占めている資材単価、人件費が大幅に上昇しているのが現状となり、建築費が高い状態となっています。

夫の地域では5年ほど前は2,500~3,000万も出せば建売住宅が買え、注文住宅も3,000~3,500万程、4,000万(土地込)も出せば大豪邸建てたねと言われる時代でしたが、現在は建売でも3,000~4,000万、注文住宅は3,500万~4,500万、5,000万超えも決して珍しくありません。

土地価格の高騰

土地価格も上昇傾向にあります。

地価公示価格は、2012年46.72万/坪であったのが2017年55.99万/坪と20%近く上昇傾向にあることが分かります。

1坪当たり9.72万増えている為、50坪買うと 9.72万×50坪

=486万増加!!

ちなみにこの価格は2000年代で1番高い金額となります。

いつ落ち着くの?

では、この状況はいつ落ち着くのか?

夫の見通しでは東京オリンピックが終わる2020年以降、そこから徐々に工事単価は下がっていき2023年頃には家本体価格、土地価格共に落ち着いてくると予想します。

つまり・・・

見栄っ張りブログらしくない難しい言葉で色々書いてきましたが自分でも何を書いているのか訳が分からなくなったのでここからは簡単にいきます。

土地価格の推移

一般人「最近なんだかお金に余裕が出てきたな家でも買おうかな」

不動産「うわっ!なんか最近めっちゃ土地売れるやん、土地代値上げしようぜ」

投資家「おっ、なんか土地の値段上がりはじめているな投資目的で買っておくか」

土地代高くなる

東京オリンピック終わり

投資家「オリンピック終わったし景気も落ち着いてくるかな、土地売っておくか」

不動産「あれ?土地の値段下がってきたな早めに手放しておくか」

一般人「オリンピックすごかったな~日本が金メダル100個も取ると思わなかったな・・・最近お金がきつくなってきたな、消費税も上がったしとりあえず賃貸でいっか」

土地代安くなる

家本体の価格推移

一般人「最近なんだかお金に余裕が出てきたな家でも買おうかな」

HM①「おいおい、最近良く売れるな!あんまり値引きせんでも次から次に買いたい人がくるからそこまで安くする必要ないぜ!」

HM②「資材も高くなってきてるし値上げしようぜ」

家価格高くなる

東京オリンピック終わり

投資家「オリンピック終わりに景気は悪くなるな、よし売りだ!!」

一般人「あー景気悪いな、家なんて買えないな・・・」

HM①「あれ、家売れなくね!!やばいやばい」

HM②「景気いいときに人増やしすぎてやばいな安くても仕事取らないと・・・」

家価格安くなる

建設資材価格推移

資材会社「おいおい、いくらでも売れるじゃん、値段上げろ上げろ」

建設会社「高いけどどこも高いからしょうがないよね、工事費に上乗せしとけ」

資材価格高騰

東京オリンピック終わり

資材会社「資材売れ残ってきたな~少し値段下げるか」

建設会社「資材が安く入るから工事費下げてやるか」

資材安くなる

住宅ローン(金利)の推移

日銀「最近景気いいじゃん、今なら金利あげれるんじゃね」

総理「いや~けど支持率気になるしなぁ・・・けどちょっとずつあげてみる?」

東京オリンピック終わり

総理「おいおい景気悪くなってきてるじゃん、なんとかしろよ日銀、おれの支持率下がるだろ!!」

日銀「はい!!なんとかします!!金利下げるからいっぱい世の中にお金をまわしてね」

 

うん、分かり易く書けた(自己満足)

見栄っ張り夫の予想(あくまで予想ですから)

①土地代(見栄っ張り家近郊)50坪

2018年現在 坪単価 30~40万 ×50坪 = 1,500万~2,000万

2023年予想 坪単価 25~35万 ×50坪 = 1,250万~1,750万

250万お得

②家本体価格(大手HM)35坪

2018年現在 坪単価 70~80万 ×35坪 = 2,450万~2,800万

2023年予想 坪単価 65~75万 ×35坪 = 2,275万~2,625万

175万お得

②消費税

2018年現在 8% = 196万~224万

2023年予想 10% = 227万~262万

約35万損

①250万お得 ②175万お得 ③35万損

390万お得

そして設備面もどんどん進化していくのでより良い物が手に入ります。

金額面”は”お得になる可能性が高い

あくまでも予想ですけど、お金の面だけでいえば現在(2018年)より2023年頃のほうがお買い得であると言えます。

ただ・・・5年待てますか?

このブログを読んでくれている人たちは今、家づくりに興味を持たれていると思います。
(むしろすぐにでも建てたいって気持ちのはず)

そんな中、5年待つって長いですよね!

家族の環境も変わっているでしょうし、その時に世の中がどうなっているかなんて分かりませんよね。
(今より高くなっている可能性もありますしね)

結論

お金の面だけでいえば今はお買い得じゃないと思います。

けど結局未来の事なんて誰にも分からないんだから欲しいときに買えばいいと思いますよ(^.^)

あっ!!はじめて1枚も写真使ってない!!
(アイキャッチ以外)

マジメに書きすぎた(汗)

最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク