ハウスメーカー(住宅会社)が倒産したら保証が気になる人「一生付き合っていくマイホームだから、建築後にしっかりした保証が付いている〇〇ハウスメーカーにしたぞ!!これで一生安心して家に住むことが出来る!あれっ!?もし〇〇ハウスメーカーが倒産した場合、保証や定期点検はどうなるんだろう?」

 

こんな悩みを抱えている人もいると思いますが、今回はアナタの家を建築した住宅会社(ハウスメーカー・工務店)が倒産した場合に、保証がどうなるのか説明していきます。

スポンサーリンク



新築住宅の瑕疵(欠陥)を補修する資力確保は義務付けられている

2009年10月に新築住宅の構造力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の瑕疵(欠陥)による不具合の補修等を行う為の資力の確保を住宅事業者に義務付ける住宅瑕疵担保履行法が施工されました。

・構造耐力上主要な部分(木造):小屋組・屋根版・斜材・壁・横架材・柱・床版・土台・基礎

・構造耐力上主要な部分(鉄筋コンクリート):屋根版・床版・外壁・壁・床版・基礎・基礎杭)

ものすごく簡単に説明すると

住む上で必要な部分(雨漏りがしない・家自体がしっかり建っている)に不具合が生じた場合に何があろうと補修が出来る様にお金を残して置きなさいね!という法律が出来ました。

つまりアナタの家を建築した住宅会社が倒産しても大丈夫なように保険(住宅瑕疵保険)をかけたり、供託金を積んでおくことによって、10年間は構造耐力上主要な部分と雨水の侵入する部分の瑕疵は補修してもらえます。

ただし、世の中にはモグリの建築会社等も無いとは言い切れないので、契約前に必ず「瑕疵担保責任」がどうなっているのか確認しましょう。建築会社独自の保証の場合、建築会社が倒産した場合、法律で定められている10年間の瑕疵担保保証も受ける事が出来なくなりますので注意が必要です

保証期間はどうなるの?

もし住宅会社が倒産しても「住宅瑕疵担保履行法」によって、保証してくれるのは分かったけど、いつまで保証はしてもらえるんだろうか?住宅会社の保証期間と一緒なの?

1.構造耐力上主要な部分・雨水の侵入する部分の保証期間

これは完成引き渡しから10年間と決まっています。

もしアナタが住宅会社と20年・30年の保証を結んでいても10年のみとなります。

2.設備機器の保証期間

これは各メーカーの保証期間が適用されます。

自動食洗機がパナソニックで10年保証なら、パナソニックが10年間保証してくれます

※読者の声

夫「え!?パナソニックが倒産したら・・・どうなるんでしょう・・・多分保証無しかな・・・」

3.それ以外の部分(物)

住宅会社が倒産すると上記1.2以外の部分は保証が無くなります。

ハウスメーカーと約束していた定期点検はどうなるの?

ハウスメーカーで建築した場合、2ヶ月点検・6ヶ月(半年)点検・1年点検・2年点検・5年点検・10年・20年と無料の定期点検が付いている場合がほとんどですが、ハウスメーカーが倒産した場合、定期点検は無くなってしまいます。

こちらは法律でも保護されていないので、どうしても定期点検をしたい場合は、自分たちで点検してくれる業者を探すことになりますが、もちろん有料となります。

いくらまで補修費用がおりるの?

住宅瑕疵担保履行法により、住宅会社(ハウスメーカー)が倒産した場合でも2000万円までは補修費用の支払いを保険法人もしくは供託金により受けることができます。

じゃあ、2000万円を超える場合は・・・

住宅瑕疵担保履行法のまとめ

①「構造耐力上主要な部分」と「雨水の侵入を防止する部分」は引き渡しから10年間は住宅瑕疵担保履行法により保証しなければならない。

②住宅会社が倒産しても保証を適用する為に、保険や供託制度への加入が義務付けられており、そちらに補修費用を請求できる

③補修費用の上限は2000万円

最後に繰り返しになりますが、必ず契約前に「保証内容」「保険加入or供託金」については”しっかり”確認するようにしましょう。

①住宅会社の資料が欲しい人⇒LIFULL HOME'Sで資料請求
②家づくりの参考に⇒見栄っ張り家おすすめのハウスメーカーランキング
③注文住宅価格の相場が知りたい人⇒タウンライフで無料間取り・見積一括作成


最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク