スポンサーリンク



家はいつ買うべきか

今は土地も高くなってるし、まだ買うのは止めておいたほうがいいのかな?

今は金利が安いし、買い時かな?

など、いつ家を建てたらお得かを考えると思います。

そんな迷えるアナタに見栄っ張り夫が正解を教えてさしあげましょう。←偉そう

家を建てる一番お得な時期は・・・

・・・

・・・

いつでもいいです。

未来(さき)のことは誰にもわからない

なぜ、いつ建ててもいいのかというと、結局未来(さき)のことは誰にもわからないからです。

家を建てる条件でいいのは、

1.建物の値段が安い
景気が悪く誰も家を買わない。HMも家を売る為に値段を落とす

2.土地の価格が安い
景気が悪く土地の取引きが活発に行われない為、安くても売ろうとする。

3.金利が安い
何千万という金額を借りて、ローンで返していくわけですから、少しでも金利が安い方がいいですよね。
マイナス金利がどんどん深堀されていけば金利は安くなります。

その他にも色々条件はありますが、上記の3項目が家を買う上で最も家を安く建てれる時期ということになります。

それなら、この時期に買うのが一番お得じゃないか!!

と言われそうですが、アナタはその時期がいつかわかりますか?

未来(さき)のことは誰にも分からないので今が安いと思っていても、もっと安くなる可能性もありますし、高くなる可能性もあります。

営業マンの「今がお買い得です」に騙されない

HMの営業マンが良く言う「今がお買い得です」という言葉。

HM巡りをした事がある人は、一度は聞いたことがあると思います。

この「今がお買い得」という言葉、どれほど信頼性があるかというと・・・

全く信頼しなくて大丈夫です!!

営業マンが言うお買い得時期

1.もうすぐ消費税が上がりますので、今がお買い得です。
消費税が上がっても、その分建物の値段が下がります。
例えば建物3,000万、消費税240万、総額3,240万が消費税10%に上がった場合、単純に3,000万に消費税10%かかるんじゃなく、建物代が2,910万程に落とします。それに消費税10%の291万で総額3,210万と8%の時とほぼ変わらない金額で買えます。

2.今は金利が安いのでお買い得です。すぐに金利はあがりますよ。
金利が上がるかどうかなんて誰にも分かりません。
それが分かるなら、先物取引などで大儲けできます。

3.今、当社は〇〇キャンペーンをしていますので、お買い得ですよ。
HMはいつでも何かしらキャンペーンをしています。
見栄っ張り夫婦は2年以上、展示場巡りをしてきましたが、常になんかしらのキャンペーンをしていました。

4.当社の決算時期が〇月なので、いつまでに契約してもらえれば、特別お値引ができます。
関係ありません。
いつでもなにかしらの値引きが入ります。
決算値引き・支社長値引き・年末値引き・年始値引き等、名前が変わって変わらない金額の値引きがあります。

欲しい時に買う

「未来(さき)の事はだれにもわからない」

「営業マンの今がお買い得という言葉は信用できない」

というのなら、結局いつ買うのがいいんだよ!となっちゃいますよね。

答えは簡単です!

家は・・・

「欲しい時に買う」

結局、家なんて欲しい・必要と思った時に買えばいいと思います。

今がお買い得かどうかなんて誰にも分かりません。

分かるとしたら、ず~と年月が経って、「あ~あの時はお買い得だったね」と思うぐらいです。

それなら、欲しいと思った時、必要になったときに買うのが一番です。

あまり深く考えずにアナタが欲しいと思った時が買い時ですよ!!

最後まで読んで頂きありがとうございます。
このブログを「いいね!」と感じていただけたら
下のバナーを一回ポチッとしていただけると
励みにになりますのでよろしくお願いします。

にほんブログ村
スポンサーリンク